効率が格段にUP?!テレワークとは?

2022-07-05

□冒頭


何かと自宅で仕事をすることが増えたこの時代。

今では商談や会議もリモートで行うことが主流になりつつあります。

そんな中、まだまだ仕事をする環境が少ないのが現状です。

今回は、テレワークとはそもそも何なのか、快適に仕事ができる環境とはどんなところなのかをお話しします。


□テレワークとは


未だに猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で、働き方は大きく変わりました。

今回は多くの企業で普及しつつある「テレワーク」について詳しくお話していきます。

以前は、会社に出社して会議や仕事をしていたものが社外で行われるようになりました。

これは、インターネット環境の普及により、実現しました。

会社に出社せずに仕事ができるため「移動時間の削減」につながるうえ「交通費削減」にもなります。

テレワークの実現で、毎日満員の電車に乗ることもなく仕事できる上、必要以上に上司の目も気にすることなく効率よく働くことができます。

テレワークをうまく使いこなせば「ストレスフリー」で働くことができるのです。

基本的にインターネット環境さえあればどこでも仕事ができるので、自宅で仕事をすることはもちろんカフェやホテルなどで仕事をすることもできます。

仕事場所の幅が広がることで、働く人はリフレッシュできストレスが軽減します。

仕事とプライベートの距離が縮まるので、プライベートで湧き出てきたアイデアを仕事に活かしたり、仕事で学んだ知見をプライベートに活かすことも増えるでしょう。

私はテレワークは今後もっと普及していくと思います。


□テレワークの課題


残念ながら、テレワークはメリットだけではありません。

まだまだ解決すべき課題があります。

会社で仕事をしていると上司や同僚の目があり、なんとなく気を張った状態になり、それが集中につながり作業効率も上がります。

監視が完全になくなると緊張感がなくなり、集中力の低下に繋がります。

さらに、自宅には数多くの誘惑があります。

「家族の声」や「テレビ」などです。

そのような誘惑を目にしただけで仕事に集中できなくなったり、だらけてしまいます。

また、仕事とプライベートのメリハリがなくなります。

会社で仕事をしている場合、ある程度周りの監視もあり、また休憩時間がはっきりしていることが多いため、オンとオフが切り替えやすいです。

それが、仕事の集中に繋がり、休憩時間にしっかり休める環境です。

しかし、自宅で仕事をする場合、オンとオフの切り替えが難しくなります。

そうなると、仕事にも身が入らず、休みの時も仕事が気になりしっかり休めません。

さらに仕事の環境が整っていない場所での仕事は非常に疲れてしまいます。

会社であればインターネット環境も整っているうえ、チェアやデスクなど仕事をするのに最適な環境があります。

しかし、自宅やカフェは仕事をするために作られているわけではないので作業効率が低下し、結果としてストレスを溜めて仕事をすることになります。


□快適にテレワークが行える環境とは


テレワークにはまだまだ課題が多くありますが、うまく活用すれば非常に効率よく仕事ができ、生産性を何倍にも上げることができます。

テレワークをうまく活用するためには”環境選び”が大切です。

仕事は環境の影響を大きく受けます。
仕事に適した環境を選ぶことで会社で行う仕事以上の生産性を発揮できます。

では、どの様な環境を選べばいいのか?

テレワークの環境選びでは次のことが大事です。

・Wi-Fiがスムーズか
・長時間いても疲れにくいか
・仕事モードに入れるか

まずWi-Fiがスムーズかどうかが大切です。
人はちょっとしたことで集中モードが切れてしまいます。

Wi-Fiが遅くて作業が中断してしまっては、もう一度集中モードに入るのは難しいです。

そのためWi-Fiのスピードは重要なポイントの一つです。

高速Wi-Fiを使うことで、一気に作業を進めることができます。

また、長時間居れる環境というのもポイントです。

例えば、チェアやデスクの質が悪いと、仕事をしているとだんだん疲れてきて集中力を切らしてしまいます。

長時間座っていても疲れにくいチェアや高さのあったデスクを使用するようにしましょう。

自宅で仕事をすると「なんか集中できない」と感じたことはありませんか?

それは脳が「自宅は休む場所」と認識しているからかもしれません。

仕事をするスペース、休むスペースを明確に分けることが重要です。

「ここに来たら自然と仕事モードに入れる」そんな場所が一つあると仕事とプライベートを分けることができストレスなく働くことができるようになります。


□自宅以外で作業を行う選択肢


前述したように、仕事をするスペースと休むスペースは分けた方が良いです。
そのためには「ここは自分の仕事スペースなんだ」と思える場所をつくる必要があります。

「ノマドワーカー」という言葉があります。
ノマドは日本語で「遊牧民」を意味します。

つまり「ノマドワーカー」とは一つの場所に留まらず、いろんな場所で仕事をするひとのことをいいます。

今、この新しい働き方がどんどん注目されてきています。

場所に縛られないため、旅行をしながら仕事をすることもできます。

自宅で仕事をしているとどうしてもだらけてしまったり、オンと オフの切り替えができず疲れてしまったりします。

自分の中で仕事をするスペースを作ることで、集中でき生産性が上がります。

また、場所に縛られずいろんな場所が仕事場になるため発想が広がり、新たなアイデアが出ることもあります。


□津市のコワーキングスペースならACROSTUDY!


ここまで読み進めていただきありがとうございます。

ここまででテレワークや、働く場所を自由に選べることのメリットを知っていただけたかと思います。

私たちが運営する「コワーキングスペースAcroStudy」は、場所を問わず仕事をする人のために生まれました。

時間を効率よく使い、短期間でサクッと仕事ができる空間です。

さらに、生産性を意識した空間には、集中力を格段にアップできる美味しいコーヒーやお菓子など作業が捗るアメニティが充実しております。

また、急な商談や打ち合わせにも嬉しいおしゃれなミーティングルームをご用意しております。

ガッツリ集中したい方には・パーティションで区切られた個室がおすすめです。

全席コンセント完備でもちろんWi-Fiも無料。
店内にはアロマが香り、リラックスできます。


□まとめ


これからの時代、場所に縛られない働き方がどんどん増えてくると思います。

そんな新しい時代をうまく乗りこなせるように、自分だけの仕事場所を一つ作りましょう。

快適に仕事ができる環境があれば、生産性が上がり「収入アップ」「業務時間の削減」に繋がり、仕事、プライベートがもっと楽しくなります。

仕事とプライベートが相乗効果を生み出し、ライフスタイルそのものが良い方向に向かうはずです。

私たちはそんな「仕事」「プライベート」をうまく付き合い、人生全体を上昇させることができる人を増やしていきたいと考えています。

そして、そのような人々が集まればもっといいアイデアが生まれ世の中に還元できると思います。

「今よりもっと仕事を楽しくしたい」
「快適な環境で仕事がしたい」
「人生を好転させたい」

とにかく今よりより良い人生にするために仕事をしたい方は、ぜひコワーキングスペースAcroStudyへお越しください。